人気ブログランキング | 話題のタグを見る

JR東海311系進捗情報

皆様こんにちわエンドウです。
本日はJR東海の311系の塗装が始まりましたのでご紹介いたします。
JR東海311系進捗情報_c0405052_13312067.jpg
ロストワックス製前面パーツと真鍮製車体の組み合わせで構成された311系のまずは基本塗装が終了した状態です。
JR東海311系進捗情報_c0405052_13310893.jpg
JR東海311系進捗情報_c0405052_13312744.jpg
まずは前面を塗装後にマスキングして車体の銀を塗装します。この311系の場合は黒色を塗装後に窓周りをマスキングして白色に塗装していますが、前回お見せした211系の方は逆に白色を塗装後に窓周りの黒色を塗装しています。
これはなぜかというと311系は黒色部分が側面に回り込んでいるのでこの順番の方が色漏れの可能性が少なくなるからですね。修正ややり直しで時間が取られるリスクを少しでも減らす段取りを組むという事は量産製品として限られた時間の中で製造する上で非常に大事な事なのです。
JR東海311系進捗情報_c0405052_13311414.jpg
その後前面をマスクして車体全体にシルバーを吹き付けていきます。
この後、前面のマスキングを剥がして再度貫通扉部分のみをマスキングして塗り分けます。
なんで同じシルバーなのに車体と同時に塗らないかというと、車体側は平滑を出すためにシルバーの塗料を薄めに希釈していますが、貫通扉部分のシルバーはそのまま同じ濃度で吹き付けるとマスキング漏れが生じやすくなったり、かえって厚塗りになったりするので車体部分よりも濃いめのセッティングで一発で決める為ですね。
このように銀色一つでも場所によって塗り方など替えて製造されているのです。
JR東海311系進捗情報_c0405052_13314416.jpg
次回はクリスタルエクスプレスがまた進んできましたのでそちらをご紹介予定です。
お楽しみに。

それでは。


by endokaihatsu | 2023-04-18 12:01 | その他新製品情報 | Comments(0)

鉄道模型のエンドウの新製品情報を掲載するブログです


by endokaihatsu